【募集開始!】未知の社会におけるライフデザイン(大人編)~超高齢少子多死時代に向けてVol.7~

0
4 ビュー

無料:未知の社会におけるライフデザイン(大人編)~超高齢少子多死時代に向けてVol.7~

【募集開始!】未知の社会におけるライフデザイン(大人編)~超高齢少子多死時代に向けてVol.7~
日時:2月15日(木)19:00~21:00
場所:ドコモ・ベンチャーズ ラウンジ(六本木一丁目)

ドコモ・イノベーションビレッジが支援する社会起業家(千田さん)が企画する勉強会です。みなさま、お気軽にご参加ください!!
NHKプロフェッショナル~仕事の流儀~でも取り上げられた在宅医の小澤竹俊氏が理事を務めるエンドオブライフ・ケア協会が、第7回目の勉強会を開催します。

働き手であり、また家族の介護の担い手としても期待される、特に40~50代のビジネスパーソンが知っておきたい、親のこれからのことや関わり方を学びます。

<登壇者からのメッセージ>

介護を理由に会社を辞める人は年間10万人に上ると言われています。親や配偶者、あるいは自分自身にもしものことがあったとき、自身の仕事や生活はどのように変わっていくか、心の準備はできているでしょうか?

介護という多くの人にとって未知の世界、しかも始まりが明確ではなく、いつまで続くかわからない不確実な状況、なおかつリソースが限られた状況において、仕事と介護を両立していくことは可能なのでしょうか?

親の介護をしながら働き続けることを1つのプロジェクトと捉えたときに、考え方の糸口が見えてきます。プロジェクト推進のための可視化ツール、「プロジェクト譜」を用いて仮想演習を行い、介護や介護をしながら働き続ける様々な場面で、活用可能なナレッジの発掘・交換を行っていきます。

プロジェクトマネジメントの考え方を踏まえながら、これから誰もが遭遇する可能性がある、働きながら介護するということについて、一緒に考えてみましょう。

皆さんのご来場をお待ちしております。

※2/8開催の第6回と連動する形で開催を予定していますが、第7回だけのご参加も大歓迎です。

※医療や介護、プロジェクトマネジメントに馴染みのない方でもお気軽にご参加ください。

■登壇者
 千田 恵子/一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会 事務局長
 前田 考歩/プロジェクトエディター

詳細・お申込みはこちら ⇒