“つまり、「長時間労働」だろうが「ワーカホリック」だろうが、どちらでもいいんですよ。

グーグル社員が「労働時間」を問われない理由 —— 「時間で管理は愚かな考え方」だ

“つまり、「長時間労働」だろうが「ワーカホリック」だろうが、どちらでもいいんですよ。「自分が何を世界にもたらしたくて、その代わりに何を得たいのか」が明確で、ゴールやミッションに共感して助けてくれるチーム、上司がいれば。

Googleだって、プロダクトも人事制度も「Fail fast, fail forward(まずは失敗して、失敗して前に進もう)」という思いで、常に改善してここまで成長してきたんです。

「日本人は、日本の会社は、Googleのようには変われない」というのは、ただの「思い込み」です。”

日本で深刻化している「長時間労働問題」。もしこの問題があの「Google」で起こったとしたら、同社はどう対処し、解決するでしょうか。Googleで人…