■しごとの良し悪しはどこで見分ける?■

0
4 ビュー

■しごとの良し悪しはどこで見分ける?■

業者様や、スタッフや仲間、もちろん自分も含めて、
良い仕事をしているでしょうか?

いい加減な仕事をしていれば、
売り上げも減るし、
信用も減るし、
それにともない接触回数や、
レスポンスも悪くなっていきます。
もちろん感謝も減って、
さいあく憎悪や怒りねたみの対象にまで発展します。

しかしそもそも良い仕事、いい加減な仕事って、
どこで見分けるのがよいでしょう?

これ、わたしの主観なのですが、
『行動と結果』

これが、価値評価判断の基準点だと感じております。

もちろんいろんな観点はあるのですが、
時代のトレンド的に、いまはコレが一番正しいのではないかと。

たとえば、口ではうまいこと言う。
いや~がんばりますよ!とか、
会えてよかったですぅぅ!とか。

で、その後メールの返信なかったり、
ルーティン業務を怠ってたり、
決まりごと守らなかったり。

これ、行動と結果が伴ってない。

お客様を喜ばせます!
必ず売上、上げます!
全力で!本気で!!

で、
いつもとおんなじ商品売って、
いつもとおんなじ働き方してる。
使う時間の質も内容も一緒。

いや~。。
怠ってますのう。

さらに、行動と結果が出来ていない人は、
やたらにプロセスにこだわる。

おれ、こんなに考えたのに。尽くしたのに。
考えや、やり方に合わせたのに、、、etc

これ、恋愛でも言えますね(笑)

こういう人、
面従腹背って言うらしいですよ(;^_^A
顔は笑って、腹で背く。
こわ~~

やるを決めたら、
やりきる人。

これが、今の時代で評価される、
つまり価値の高い人だと私は感じます。

孫さんが言ったのが、
『言行一致が一番難しい』と。

そういう人と付き合いたいし、
まずは自分がそうなります!

★★今週のポイント★★
行動と結果

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
今週も楽しいビジネスを♪

ページにイイね!していただけると励みになります(^^♪