3/16〜18にかけて、東京でStartup Weekend Tokyo Droneを開催します!

0
12 ビュー

Startup Weekend Tokyo Drone

3/16〜18にかけて、東京でStartup Weekend Tokyo Droneを開催します!
ドローンテーマは日本国内初開催となります。
21世紀の輸送インフラ、そしてアートやエンタメまで幅広い活用が見込まれるドローンを使った起業、新規事業開発に乗り出す、そしてその仲間を見つける絶好の機会です。

ぜひお申込みください!
お申込はこちらのページから↓

※注意※
こちらのイベントページで[参加予定]を押しただけではお申込みになりません。
参加される方は必ず下記申し込みページよりお申込みください。
▼申し込みページ

ーーーーーーーーーー
Droneで起業に挑む3日間!

◆スタートアップウィークエンド(SW)とは
金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」です。週末だけで参加者は、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

◆Startup Weekend Tokyo Drone
StartupWeekend Tokyoとしては初開催となるテーマ「ドローン」。今回のイベントではアイディアのジャンルがドローンに限ります。ただし、空撮、配送、農業、測量、設備点検、その他スクール、保険など周辺ビジネスetc、ドローンに関するアイデアであればジャンルは問いません!一緒にドローンの未来を考えませんか?
 
★★天井高5mの会場でドローンを飛ばせます!
また、今回の会場では小型ドローンが飛ばせるスペースを用意します。MVPを作って試してみてくださいね!
※地下のスペースのため、GPSは取れません。

◆3日間の流れ
SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントとビジネスモデルの検証を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。ともに顧客開発に臨みます。
土曜の午後には、起業家や専門家によるコーチングを受けることができます。日曜夕方に審査員の前でチーム毎にプレゼンを行い、ビジネスモデル/顧客検証/ユーザーエクスペリエンスデザイン/プロダクト達成度を軸に、審査が行われます。

◆審査員 Judge
阿部亮介
(株式会社CLUE Founder and CEO 代表取締役社長)
東京大学大学院工学系研究科修了後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。エンジニアとしてWebサービスの運用開発経験を経た後、シンガポールに渡り、現地スタートアップに入社。
マネージャー及びアプリ開発エンジニアを経て、2014年に日本に帰国し株式会社CLUEを設立。B2B向けに産業用ドローンを用いたソフトウェアソリューションを提供しており、屋根点検アプリ「DroneRoofer」やドローン遠隔操作クラウドシステム「DroneCloud」を展開。
ドローン企業として世界で初めてアフリカ政府と契約を結び、ドローンを用いたアフリカの道路点検事業を推進中。

坂本義親
(株式会社ORSO 代表取締役社長)
2001年よりスマートフォン向けコンテンツ開発やサービス提供・投資に携わり、2014年よりドローン利活用の循環型システムの構築を掲げ、JUIDA第1校目となるロボティクスアカデミードローン専攻(第1~3期)、DRONE STAR™(ORSO、エル)、drone market(DJI JAPAN、ORSOの合弁会社do)等を推進。
do株式会社 取締役、DRONE FUND LP出資/アドバイザリーボードメンバー、慶應義塾大学SFC研究所 所員、東京大学大学院工学系研究科 非常勤講師等を務める。専門は安全運航管理、教育、ソフトウェアを使ったビジネスイノベーション。

※審査員は追って追加予定です

◆コーチ coach

※コーチは追って追加予定です

◆イベント概要
2018年3月16日(金)19:00~3月18日(日)21:00
※宿泊ではなく、通い型のイベントです。

お申込みや詳細はイベントページでご確認下さい。

StartupWeekend公式ページ