SWT Blockchain のプレイベント第1回として、ブロックチェーン技術の活用ユースケースを考えるアイディアワークショップを開催いたします。

0
9 ビュー

ブロックチェーン・アイディアワークショップ 〜SWT Blockchain プレイベント第1回〜

SWT Blockchain のプレイベント第1回として、ブロックチェーン技術の活用ユースケースを考えるアイディアワークショップを開催いたします。

ブロックチェーンについては、今年になって多くの本が出版され、オープンな勉強会も月に数回開催されるようになってきました。
徐々に敷居が下がってきた一方、「ブロックチェーンがどのように活用できるのか」に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

本イベントでは「ブロックチェーンを活用してビジネスを始めるなら?」を題材に、ビジネスアイディアを出してみる、というワークショップを実施します。
ブロックチェーン技術の活用に関心のある方、ぜひご参加ください。

## 対象者
・ブロックチェーンを活用したビジネスを一緒に考えてみたい方
・ブロックチェーンを活用したビジネスはどのようなものか知りたい方

## イベント概要
日時: 12月18日(月) 19:00 – 21:00 (18:45 受付開始)
会場: fabbit京橋
住所: 東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル (JR東京駅八重洲中央口より徒歩5分)
費用: 無料
申込: Doorkeeperよりお願いいたします

## 当日のタイムテーブル
18:45 – 19:00: 受付
19:00 – 19:30: オープニングトーク (技術や事例紹介を簡単にお話します)
19:30 – 20:30: ブロックチェーン・アイディアワークショップ
20:30 – 21:00: 交流会 (ソフトドリンク・お菓子をご用意します)

## ブロックチェーンとは?
ブロックチェーンは、ビットコインを支えるために生まれた、取引の記録を行う仕組みです。記録を集めたブロックを連ねるデータ構造と、ブロックの生成時に計算を要求する Proof Of Work というアイディアにより、耐改ざん性を備えています。また、管理者が存在せず、ネットワークに接続するすべての参加者に一つの記録が共有されることで、高い透明性と耐障害性を実現しています。

こうした仕組みは暗号通貨における課題を解決するために考案されましたが、現在では暗号通貨以外の用途にも広く活用され始めています。

・サプライチェーン: 物の移動を記録・トラッキングする
・著作権: アート作品の著作権を記録する
・IoT: センサデータを IoT デバイス同士が自動取引する
・選挙: 得票の移動を記録・公開する

さらにシェアリングエコノミー、不動産、保険、ソーシャルメディア、エネルギー、ヘルスケア、認証、将来予測、ドローンなど、様々な分野での活用が進んでいる最中です。また Ethereum や Hyperledger Fablic、IOTA など、ブロックチェーンの可能性を広げる新たな基盤技術の開発も活発に行われています。

## SWT Blockchain とは?
本イベントは、2018年3月開催予定の SWT (= Startup Weekend Tokyo) Blockchain のプレイベントです。

Startup Weekend Tokyo ではこれまで多様なテーマで開催してきましたが、ブロックチェーンをテーマとする Startup Weekend Tokyo はこれが初開催となります。
私たちはスタートアップの登竜門と呼ばれるこのイベントから、日本のブロックチェーンスタートアップが生まれるコミュニティを作っていきます。

## Startup Weekend とは?
Startup Weekend は金曜夜から日曜日までの3日間、仲間づくりをしながらアイデアを形にするスタートアップ体験イベントです。
このイベントは2009年に米国で始まり、これまで800都市で1,500回以上にわたって実施されてきました。

直近開催予定の Startup Weekend Tokyo はこちら

過去開催した Startup Weekend のイベントレポートはこちら

Startup Weekend は初日の夜、参加者のアイディアピッチから始まります。
投票で残ったアイディアにハッカー・ハスラー・デザイナーが集まり、チームを作ります。
ハッカーはプロトタイプを作り、アイディアを目に見える形にします。ハスラーは顧客を見つけ出してアイディアの正しさを確かめ、デザイナーはその結果をもとにアイディアを改善します。そして3日目の17時までに、必要最小限のビジネスモデルを作り上げます。
SWT Blockchain のプレイベント第1回として、ブロックチェーン技術の活用ユースケースを考えるアイディアワークショップを開催いたします。

ブロックチェーンについては、今年になって多くの本が出版され、オープンな勉強会も月に数回開催されるようになってきました。
徐々に敷居が下がってきた一方、「ブロックチェーンがどのように活用できるのか」に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

本イベントでは「ブロックチェーンを活用してビジネスを始めるなら?」を題材に、ビジネスアイディアを出してみる、というワークショップを実施します。
ブロックチェーン技術の活用に関心のある方、ぜひご参加ください。

## 対象者
・ブロックチェーンを活用したビジネスを一緒に考えてみたい方
・ブロックチェーンを活用したビジネスはどのようなものか知りたい方

## イベント概要
日時: 12月18日(月) 19:00 – 21:00 (18:45 受付開始)
会場: fabbit京橋
住所: 東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル (JR東京駅八重洲中央口より徒歩5分)
費用: 無料
申込: Doorkeeperよりお願いいたします

## 当日のタイムテーブル
18:45 – 19:00: 受付
19:00 – 19:30: オープニングトーク (技術や事例紹介を簡単にお話します)
19:30 – 20:30: ブロックチェーン・アイディアワークショップ
20:30 – 21:00: 交流会 (ソフトドリンク・お菓子をご用意します)

## ブロックチェーンとは?
ブロックチェーンは、ビットコインを支えるために生まれた、取引の記録を行う仕組みです。記録を集めたブロックを連ねるデータ構造と、ブロックの生成時に計算を要求する Proof Of Work というアイディアにより、耐改ざん性を備えています。また、管理者が存在せず、ネットワークに接続するすべての参加者に一つの記録が共有されることで、高い透明性と耐障害性を実現しています。

こうした仕組みは暗号通貨における課題を解決するために考案されましたが、現在では暗号通貨以外の用途にも広く活用され始めています。

・サプライチェーン: 物の移動を記録・トラッキングする
・著作権: アート作品の著作権を記録する
・IoT: センサデータを IoT デバイス同士が自動取引する
・選挙: 得票の移動を記録・公開する

さらにシェアリングエコノミー、不動産、保険、ソーシャルメディア、エネルギー、ヘルスケア、認証、将来予測、ドローンなど、様々な分野での活用が進んでいる最中です。また Ethereum や Hyperledger Fablic、IOTA など、ブロックチェーンの可能性を広げる新たな基盤技術の開発も活発に行われています。

## SWT Blockchain とは?
本イベントは、2018年3月開催予定の SWT (= Startup Weekend Tokyo) Blockchain のプレイベントです。

Startup Weekend Tokyo ではこれまで多様なテーマで開催してきましたが、ブロックチェーンをテーマとする Startup Weekend Tokyo はこれが初開催となります。
私たちはスタートアップの登竜門と呼ばれるこのイベントから、日本のブロックチェーンスタートアップが生まれるコミュニティを作っていきます。

## Startup Weekend とは?
Startup Weekend は金曜夜から日曜日までの3日間、仲間づくりをしながらアイデアを形にするスタートアップ体験イベントです。
このイベントは2009年に米国で始まり、これまで800都市で1,500回以上にわたって実施されてきました。

直近開催予定の Startup Weekend Tokyo はこちら

過去開催した Startup Weekend のイベントレポートはこちら

Startup Weekend は初日の夜、参加者のアイディアピッチから始まります。
投票で残ったアイディアにハッカー・ハスラー・デザイナーが集まり、チームを作ります。
ハッカーはプロトタイプを作り、アイディアを目に見える形にします。ハスラーは顧客を見つけ出してアイディアの正しさを確かめ、デザイナーはその結果をもとにアイディアを改善します。そして3日目の17時までに、必要最小限のビジネスモデルを作り上げます。